大阪の性感マッサージ店で黄色い精子のお客さん

私は東京の大塚と言う所にある激安デリヘル店に在籍しているデリヘル嬢の女の子です。
年齢は25歳で身長は148cm、体重は65kgのかなりぽっちゃり体型の女の子の私は、22歳まで故郷の茨城県で実家で親元で暮らしていましたが、毎日パチンコ屋かパチスロ屋に行って一日中パチンコやパチスロを打ち、そしてパチンコやパチスロで勝った時には居酒屋で酒盛りをしたり焼肉屋に行ってたらふく焼肉を食べるというまるで男性の若者の様な生活をしている私を見て両親は「実家に住んでいては貴女自身が駄目になってしまう」と言って無理矢理私を実家から追い出したのでした。
そして私は以前から一度は暮らしてみたいと思っていた東京に上京して練馬区にある木造の6畳一間の賃貸アパートに住み、毎月の家賃5万円を支払いながら自活して生きていく生活を始めたのです。
当初は短期のアルバイトなどをして生活費を稼いでいましたが、仕事がつらくて長続きせず、すぐに大塚の激安デリヘル店でデリヘル嬢として働き始める様になりました。

私は以前から男の人の精子を見たり精子の匂いをかいだりすると異常に興奮する性質の持ち主で、毎日お客さんが溜めてきた黄色い精子を私のむっちりした身体にかける瞬間を見て満足しています。
黄色い精子はいやらしい男の人の妄想が沢山詰まっている感じがして、とても好きで自分から黄色い精子を舐め取って味見する事もあります。

サブコンテンツ